事業団について

ご挨拶

白石 省三

日頃より公益財団法人愛媛県スポーツ振興事業団の活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。当事業団は、昭和49年12月25日に「愛媛県民の間に広くスポーツについての理解と関心を深め、かつ、積極的にスポーツをする意欲を高揚させるとともに、地域、職場及び家庭において、それぞれその生活の実情に即してスポーツをすることができるよう条件整備を行い、もって愛媛県におけるスポーツの振興に寄与すること」を目的とする財団法人として設立され、平成25年4月1日に公益財団法人愛媛県スポーツ振興事業団に名称変更したところであります。
私たちは設立以来、目的を達成するため「スポーツ及びレクリエーション活動の推進」「体育施設の管理運営」などの事業を利用者の視点に立ち工夫・改善を加えながら一体的に展開してまいりました。

現在は、指定管理者として指定を受けております「愛媛県総合運動公園」「愛媛県武道館」両施設の適切な運用、維持管理、利用促進などの体育施設の管理運営事業と管理施設を拠点にスポーツ及びレクリエーション種目の普及・振興や総合型地域スポーツクラブ育成拠点となる広域スポーツセンターの運営など、スポーツの地域への定着・組織化を支援する事業に取り組んでおります。これからも、公益であることの重要性を認識し、公益法人としての使命を果たすため、スポーツ・レクリエーションの普及・振興とスポーツを通じた青少年の健全育成や活力に満ちた地域社会づくりなどに努め、スポーツ立県えひめの実現に協力・貢献いたしたいと考えておりますので、ご指導ご支援をお願い申し上げます。

平成26年4月吉日 公益財団法人 愛媛県スポーツ振興事業団 理事長 白石 省三

概要・沿革

名 称
公益財団法人 愛媛県スポーツ振興事業団
代表者
代表理事(理事長) 白石 省三
所在地
愛媛県松山市市坪西町551番地
設立の経緯
多様化する社会生活の中で、県民の健康増進への欲求をみたし、連帯と活力にあふれた福祉社会の実現をめざす活動として、家庭・職場・地域におけるスポーツ活動の日常生活化をはかる各種事業を有機的・総合的に実施することを目的として、「スポーツ振興県民会議」等の意見をきき、財団法人愛媛県スポーツ振興事業団が設立された。
事業目的
スポーツの普及及び振興等に資する事業を行い、愛媛県民が広くスポーツに親しみ、
豊かな人間性の涵養と健康で活力に満ちた明るい生活の実現に寄与すること。
実施する事業
  • ・スポーツレクリエーション教室
  • ・スポーツ大会等に関する事業
  • ・体育施設等の管理運営に関する事業
  • ・スポーツ指導員の派遣及び巡回指導に関する事業
  • ・スポーツ用具貸出に関する事業
  • ・スポーツ指導者の養成及び地域スポーツクラブの育成に関する事業
  • ・体育、スポーツに関する調査研究及び情報提供に関する事業
沿 革
  • 昭和49年12月

    設立準備委員会により12月設立許可される

  • 昭和50年1月

    1月設立登記され、各種事業を開始

  • 昭和50年8月

    県営体育施設(県教育委員会所管)を受託

  • 昭和55年5月

    愛媛県総合運動公園(県土木部所管)を受託

  • 昭和59年7月

    えひめ森林公園(県農林水産部所管)を受託

  • 平成10年4月

    松山市上野町(愛媛県総合運動公園)に移転

  • 平成13年11月

    えひめ広域スポーツセンター事業を受託

  • 平成15年10月

    愛媛県武道館(県教育委員会所管)を受託

  • 平成18年4月

    愛媛県総合運動公園及び愛媛県武道館の指定管理者となる

  • 平成21年4月

    愛媛県総合運動公園及び愛媛県武道館の指定管理者となる

  • 平成25年4月

    公益財団法人愛媛県スポーツ振興事業団に名称変更

    松山市市坪西町(愛媛県武道館)に移転

  • 平成26年4月

    愛媛県総合運動公園及び愛媛県武道館の指定管理者となる

  • 愛媛県武道館
  • 愛媛県総合運動公園
  • えひめ広域スポーツセンター
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体